愛車が盗まれたらどうする?|車両盗難時の対処方法、保険請求までの流れ

Pocket

朝起きて仕事に向かう時、

買い物を終えて駐車場に戻った時、

大切な愛車が無くなっていたら焦ってしまいますよね。

自分の愛車が盗難に遭ってしまった場合

どのように対処すればよいのか?

また、解決までにどれくらいの期間が必要なのか?

今回は、これについてご紹介させていただきます。

スポンサーリンク
広告




愛車が盗難に遭った時の基本的な流れ

①まずは警察へ通報

自分の愛車が盗難に遭ったと気づいたら

何といってもまずは、警察に通報してください。

警察官が現場へ来てくれたら

車の情報、ナンバーや車種、色などの特徴を伝え

車に積んでいた荷物(CDなど)も報告します。

作成した盗難届の受理番号を控えておき

警察に盗難車の捜索をお願いしましょう。

②保険会社による実態調査

車両保険に入っていれば補償を受けることができます。

警察に報告したら、保険会社にも連絡をしましょう。

保険金の支払を受けるためには盗難の実態調査が必要になります。

当たり前ですが、「盗まれました」の一言だけでは

保険金を支払ってもらうことはできません。

後日、保険会社の調査員が訪ねてきて

盗難に遭った時の現場や状況について

詳しい内容を調査員に報告します。

③盗難車発見 or 保険金支払

車両が盗難されて、警察と保険会社への連絡が済んでから

約1ヶ月~2ヶ月ほどで調査が終了します。

その結果、盗難された車両が見つからなかった場合

車両の所有権を保険会社に移転して

保険金を受け取ることができます。

この際に貰える保険金の金額は、

車両保険の全損の金額 + 車内の荷物(CDなど)の金額 - 免責金額

となります。

全損扱いで支払われるため、臨時費用というものが貰えます。

臨時費用は基本的に、保険金額の1割です。

200万円の保険金を受け取った場合

 追加で20万円の臨時費用が貰えます。

盗難による車両保険の使用は、翌年から1等級ダウンとなります。

保険金を受け取る前に車両が発見された場合

車を修理して乗り続けるか、

保険金を受け取るか、選択することができます。

保険金を受け取ったあとでも

受け取った日の翌日から60日以内に盗難車が発見されれば

受け取った保険金を全額返金することで

もう一度愛車を取り戻すことができます。

細かいルールは保険会社によって異なりますので

気になる方はご自身の保険会社に

問い合わせをしてみてください。

まとめ

愛車が盗難に遭った時の正しい対処法はわかりましたか?

最後に重要なポイントを押さえておきましょう!

・すぐに警察に通報

・盗難届の受理番号を控える

・実態調査は1ヶ月~2ヶ月かかる

・保険金を受け取る際、所有者を保険会社に移転する

・貰える保険金は、車両保険全額+臨時費用(1割)

・盗難による車両保険の使用は1等級ダウン

以上が今回の重要なポイントです。

気になる情報がなかった!という方は

コメントで教えていただけると嬉しいです。

最後までご覧頂きましてありがとうございました。

スポンサーリンク
広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告




Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.