ゼブラゾーン(右折車線の手前などにある斜線)の意味は?|ゼブラゾーンで交通事故が起きた場合の過失割合は?

Pocket

右折車線などによくある、縞模様の道路標示「ゼブラゾーン」

自動車を運転されている方であれば、ほとんどの方が見たことがあるでしょう。

しかし、このゼブラゾーンの意味を知らないなんて方も少なくないのではないでしょうか?

「教習所で”入ってはいけない場所”って教えられたような…?」

「ゼブラゾーンに入ることは禁止されていない」など

誤解されている方を見かけることが多いので

今回はこの「ゼブラゾーン」とは何か?

また、「ゼブラゾーン」を走行中に交通事故が起きた場合の過失割合など

「ゼブラゾーン」について解説させていただきます。

スポンサーリンク
広告




ゼブラゾーン(導流帯)って何?

ゼブラゾーンとは、上の画像のように

右折車線などの手前によくある、斜め縞模様の道路標示です。

ゼブラゾーンとは通称であり、正式には「導流帯(どうりゅうたい)」と呼びます。

導流帯には、「渋滞や事故が発生する恐れのある道路を

安全かつ円滑に走行できるように誘導する」という目的があります。

また、自動車教習所の教本などでは

「自動車の通行を安全かつ円滑に誘導するため

車が通行しないようにしている部分」とされています。

ゼブラゾーン(導流帯)は走行してもいいの?

結論から言ってしまうと、YESです。

ゼブラゾーンは走行を禁止する標識ではなく

安全かつ円滑に走行するよう誘導する道路表示なので

ゼブラゾーンを走行しても罰則はありません。

しかし、円滑な交通の流れを作るためのものなので

当たり前のように走行してしまうのは、あまり好ましくありません。

また、似たような道路標示で「立ち入り禁止部分」というものがあり

ゼブラゾーンを黄色線で囲ったものがあるので注意してください。(下画像)

ゼブラゾーン(導流帯)で交通事故が起きた場合の過失割合は?

ゼブラゾーンで起きうる交通事故と言えば

ゼブラゾーンを通行せず右折車線に進路変更した車(A)と

ゼブラゾーンを通行して右折車線に直進侵入してきた車(B)の衝突事故でしょうか。(下画像)

この場合、進路変更した車両と後続の直進車の衝突事故と同じケースとして考えられます。

なので基本割合はA:70対B:30です。

しかし、B車はゼブラゾーンを走行してきているため

10~20の過失修正が発生することがあります。

道路交通法としては、ゼブラゾーンの走行は禁止されていませんが

一般的にゼブラゾーンは原則、進入するべきでないとされているため

過失修正が入ることがあるそうです。

なので基本的にはゼブラゾーンを走行するのは好ましくありません。

まとめ

ゼブラゾーンの意味について理解いただけたでしょうか?

進入すること自体は禁止されていませんが

ゼブラゾーンを走行中に事故を起こしてしまうと

結果的に自分が不利な状況になってしまうため

基本的には進入しないようにしましょう。

最後までご覧頂きましてありがとうございました。

スポンサーリンク
広告




Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.