信号機の本当の意味|赤青黄や点滅信号の本当の意味とは

Pocket

車を運転しているとほぼ確実に目にするであろう「信号機」

赤信号では止まって、青信号になったら進む。

そうざっくりと考えて運転している人も多いのではないでしょうか。

信号機の色には「進む」「止まる」だけではない

本当の意味があります。

今回は信号機の色の本当の意味についてご紹介いたします。

スポンサーリンク
広告




信号機とは

「信号機の意味なんて今更・・・」と思われる方が多いと思いますが

おさらいということで・・・(笑)

信号機とは、道路の交差点などにおいて

自動車や歩行者の通行の優先権を伝えるための装置である。

道路交通の安全を図りつつ、自動車を円滑に走行させることを

目的に設置される道路の付属施設である。

Wikipediaより引用

交通安全と円滑な交通の流れのために設置されているのが信号機です。

その意味をしっかり理解しておくことは

安全運転のために大事なことだと思います。

青信号の意味

「青信号」=「進め」

と思っている方がいるかと思います。

しかし、正しい意味に近い言葉は「進むことができる」です。

青信号は進まなければいけないという意味ではなく

進むことができるだけで、できない時はしなくてもよいのです。

信号の先が渋滞で止まっていて

もし進んでしまったら交差点内で停止してしまう場合は

進まなくていいんです。

むしろ信号が変わってから

他の車の通行の妨げになりますし、

進まずに止まらなければいけないと思います。

黄信号の意味

「黄信号」は「注意」

と子供のころに教えられた人は多いかと思います。

しかし、黄信号の意味は「停止位置を越えて進行してはならない」です。

つまり「止まれ」という意味ですね。

ただし、さらに条件があり

「停止位置が近く、安全に停止することができない場合を除く」

とあります。

これは、すでに信号に接近していて

急停止しなければ止まることができない場合は

危険なので通過しても良い、という意味です。

「注意」と「止まれ」では、だいぶ意味が違ってきてしまいますよね。

たしかに青信号から赤信号へ変わる中間なので

ただ注意するだけでは足りないと思います。

赤信号の意味

「赤信号」はもちろん「止まれ」です。

ただし、すでに右折や左折をしている車はそのまま進むことができます。

しかし、曲がった先に歩行者などがいる可能性もありますので

注意して右折や左折を行うようにしましょう。

点滅信号の意味

交通の少ない交差点では点滅信号が用いられる場合があります。

また、夜間に交通が少なくなるため夜間のみ点滅信号になる場所もあります。

点滅信号には黄色と赤色があります。

黄色の点滅信号は「他の交通に注意して進むことができる」です。

教習所では「徐行して・・・」などと教えられがちですが

徐行の義務はありません。

しかし、そのまま注意もせずに進行するのはとても危険です。

車や歩行者がいないことを確認して進むようにしましょう。

赤色の点滅信号は「停止位置で一時停止して安全を確認してから進むことができる」です。

黄色の点滅信号とは違い、

必ず一時停止しなければいけません。

車や歩行者が明らかにいなくても

一時停止しなければ違反切符を切られてしまいます。

縦型の信号機

このような縦型の信号機を見たことはあるでしょうか。

積雪の多い地域の方はこの信号機しか見たことない!なんて方もいるかと思います。

この信号機は積雪の多い地域で設置されている信号機です。

この信号機は積雪時に雪の重さで信号機が倒れてしまったりしないように

縦型にして積もる雪を最小限にしています。

最近は薄型の信号機に変えて、さらに積雪の重みに耐えられるようになっています。

まとめ

いかがでしたか?

信号機の色それぞれの本来の意味を知り

それをしっかり守ることで不幸な事故を避けることができます。

信号が黄色に変わった時に「アクセルを踏めば通過できる」とスピードを上げてしまったり

点滅信号で「誰も通らないだろう」と注意せずに通過しようとしたり

そんな心の緩みが事故を招いてしまいます。

注意して安全運転を心がけて頂ければ幸いです。

最後までご覧頂きまして誠にありがとうございます。

スポンサーリンク
広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告




Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.