PHV・PHEVとハイブリッド(HV)の違い|メリットとデメリット

Pocket

近年、どんどん普及してきているエコカー。

ハイブリッドカー、燃料電池車、電気自動車…。

さまざまな動力源の車が誕生していますね。

ハイブリッドカーの中には、プラグインハイブリッド(PHV・PHEV)という車もあり

違いがよくわからない、という方もいるかと思います。

今回は、ハイブリッドとプラグインハイブリッドの違いについて

ご紹介させていただきます。

スポンサーリンク
広告




ハイブリッドとプラグインハイブリッドの違い

まずはそれぞれの軽い説明から。

・ハイブリッド(HV)

最近はすっかりお馴染みのハイブリッドカー(HV)

「Hybrid Vehicle(ハイブリッドビークル)」の略で

ビークルは「車両、乗り物」といった意味があります。

プリウス、アクアなどのハイブリッドカーもあれば

もともとガソリン車として販売してきた

ノア、ヴォクシー、ヴェルファイア、アルファードに

ハイブリッドモデルが追加されたりしていますね。

・プラグインハイブリッド(PHV・PHEV)

こちらも最近はだいぶ普及してきていますね。

「Plug-in Hybrid Vehicle」

「Plug-in Hybrid Electric Vehicle」の頭文字を取っています。

プリウスPHV、アウトランダーPHEVのように

名前にPHV、PHEVと付いています。

このどちらもプラグインハイブリッドカーとなります。

それではこの2つの違いを見ていきましょう。

ハイブリッド(HV)の特徴

ハイブリッドカーは走行するエネルギーの供給源に

ガソリンを使用しているところです。

エンジン+バッテリー+モーターを組み合わせていますが

バッテリー自体に直接充電はしません。

ガソリンを使用してエンジンの力で走行します。

そして、回転する車輪の力でモーターを回すことで

電気エネルギーを生み出し、バッテリーに充電します。

この時のモーターで発電するときにタイヤに掛かる抵抗が

ブレーキとして機能するため「回生ブレーキ」呼ばれています。

1.ガソリンを使用して走行

2.回生ブレーキで減速・停止・発電

3.モーターでアシストして走行

という流れでガソリン車ではブレーキパッドを摩耗して

無駄にしていたエネルギーを回収することで

ガソリン車よりも燃費向上ができています。

回生ブレーキの仕組み|メリット・デメリットについてはこちら

もちろん、回生ブレーキだけではなく

ブレーキパッドも使用されています。

・満充電時モーター走行可能距離:1~2km

・充電方法:回生ブレーキシステム

プラグインハイブリッド(PHV・PHEV)の特徴

プラグインハイブリッドは簡単に言うと

ハイブリッドカーを充電設備で充電できるようになった車です。

そして、ハイブリッドより何倍もの容量のバッテリーを搭載しているため

近くのコンビニやスーパーに出かけるだけであれば

エンジンを始動せずモーターのみで走行できます。

何より注目すべき点は、最初に挙げましたが

充電ができるようになったというところです。

最近ではインフラ整備が進んで、さまざまなところで

充電設備を見かけるようになりました。

高速道路のSA・PA、ディーラーなど

スーパーにも充電設備付きの駐車場が数台分あったりしますね。

急速充電の設備では30分程度で満充電

家庭用コンセントからの充電では約14時間程度かかります。

自宅に専用の充電設備を設置することもでき

その場合は約2時間半程度で満充電にできます。

また車内にあるコンセントから電源を使用することもできるので

アウトドアで使用する方にはとても嬉しい機能ですよね。

・満充電時モーター走行可能距離:約60km(プリウスPHVの場合)

・充電方法:回生ブレーキ、ガソリン発電、外部電源

HV・PHVのメリット・デメリット

ハイブリッド(HV)のメリット・デメリット

■メリット

・燃費が良く、環境性能が良い

・買取価格が高い

・エコカー減税で税金が安い

・モーター走行で深夜の外出時の騒音が気にならない

■デメリット

・バッテリーの寿命が来ると、バッテリー代が15~20万かかる

・騒音が少なすぎて歩行者には危険

・購入時の価格が高い

プラグインハイブリッド(PHV・PHEV)のメリット・デメリット

■メリット

・燃費、環境性能がハイブリッドより良い

・モーターのみでの走行可能距離が長い

・電源の出力が出来る

・ガソリン発電機としても利用できる

・あとはハイブリッドと同じ…

■デメリット

・バッテリーが高額(60万程度)

・その分、購入価格もハイブリッドより高い

・常用するなら自宅に充電設備工事をする必要がある

・大容量バッテリーによって車重が重い

トヨタ車の場合は、購入から5年間

もしくは走行距離10万kmまでの間は

バッテリー保証が付いています。

大体バッテリーの交換時期は、

10年又は走行距離20万km程度が目安なので

保証の意味はあまりありません。

(3万円追加で2年延長・走行距離無制限)

まとめ

いかがでしたでしょうか。

ライフスタイルに合わせて選ぶことで

地球にもお財布にも優しい生活を送ることができますね。

ハイブリッドカーを買おうと思っている方で

PHVモデルにするかどうかで悩んでいる方の

参考になれば幸いです。

最後までご覧頂きましてありがとうございました<(_ _*)>

スポンサーリンク
広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告




Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.