高速道路で目的のICを過ぎてしまった時の対処法|高速道路でUターンできる「特別転回」のやり方

Pocket

高速道路を利用してドライブしたことがある人は

降りるはずだったICを通り過ぎてしまった…!なんてこと

一度は経験したことがあるのではないでしょうか。

・同乗者との会話に夢中になってしまった

・ナビが古くて出口を知らせてくれなかった

・なかなか車線変更できなかった

など、さまざまな理由が考えられますが

焦って急に出ようとするのは危険です!

そんな時に使える「特別転回」というものがあるので

今回は「特別転回」についてご紹介させていただきます。

スポンサーリンク
広告




「特別転回」の利用方法

特別転回とは、降りる予定だったICを過ぎてしまったときに

その先のICでUターンできる制度です。

ほとんどの高速道路各社で、この制度があるので

目的のICを逃してしまったときは、焦らず「特別転回」させてもらいましょう!

では、特別転回のやり方について説明します。

①とりあえず次のICへ向かう

行けそう!と思っても急にハンドルを切って出ようとしては危険です。

潔く諦めて次の出口へと向かいましょう!

②ETC利用者の場合は、ETCカードは抜いておく

ETCが反応してしまうと、その出口で決済されてしまうので

ETCカードは抜いておきましょう。

③一般レーンの料金所へ向かう

ETCレーンではなく、スタッフのいる一般レーンに入ります。

④料金所スタッフに事情を説明する

料金所のスタッフさんに、目的のICやJCTを通り過ぎてしまったことを伝えて

チケット(ETCの方はETCカード)を渡して、「特別転回」を利用したいことを伝えましょう。

処理が終わったらスタッフの指示に従って、目的のICに向かいましょう。

まとめ

特別転回は、スタッフのいる料金所で対応してもらわなければいけないので

無人のETC出口や、最近増えているスマートICなどでは

受付してもらうことができません。

また、一部特別転回が使えない料金所、区間などもありますので

その時は素直に料金をお支払いしてくださいね!

何よりも安全第一です!

最後までご覧頂きまして誠にありがとうございました<(_ _*)>

スポンサーリンク
広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告




Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.