酒気帯び運転と酒酔い運転の違いとは?|同乗者に対する罰則は?意外と知らない飲酒運転の種類

Pocket

テレビのニュースで飲酒運転が取り上げられたとき

酒気帯び運転と言っていたり

酒酔い運転と言っていたりしていますよね。

飲酒運転としてくくられて考えられがちですが

実はこの2つは違うものなのです。

今回はこの2つの違い、

そして罰則などについても見ていきましょう。

スポンサーリンク
広告




飲酒運転とは

飲酒運転=お酒を飲んで自動車を運転すること

という感じで、飲酒運転はあくまでもざっくりとした表現です。

警察が飲酒運転で取り締まる際には2種類あり、

「酒気帯び運転」「酒酔い運転」があります。

それぞれ簡単に説明すると…

・「酒気帯び運転」とは…

呼気中のアルコール濃度が0.15mg以上ある状態で

自動車を運転していること

・「酒酔い運転」とは…

呼気中のアルコール濃度に関係なく

明らかに酒に酔っていて、正常な運転が出来ないと

警察官が判断した場合のこと

では、それぞれの細かい基準や罰則について見ていきましょう。

飲酒後、何時間で車を運転しても飲酒運転にならないのか|アルコールの分解にかかる時間

酒気帯び運転の基準、罰則、違反点数

酒気帯び運転は、呼気中のアルコール濃度0.15mg以上で検挙対象ですが

このアルコール濃度によって2段階の罰則、違反点数があります。

・アルコール濃度0.15mg以上、0.25mg未満の場合

違反点数は、13点

罰則は、3年以下の懲役、又は50万円以下の罰金

となっております。

違反点数13点なので90日間の免許停止は確定です。

前歴が無くても2点~11点の違反があった場合は、

免許取消+1年の欠格期間になります。

・アルコール濃度0.25mg以上の場合

違反点数は、25点

罰則は、3年以下の懲役、又は50万円以下の罰金

です。

これは、一発で免許取消+2年間の欠格期間です。

また、他の軽微な違反とは違って

懲役や罰金などの刑事罰があるため

職場や家族にも多大な迷惑がかかってしまいますね。

酒酔い運転の基準、罰則、違反点数

酒酔い運転は、酒気帯び運転とは違って

泥酔状態であるかどうかを警察官が客観的に見て判断します。

・明らかに運転に支障をきたしている

・警察官とのやり取りが困難なほどの泥酔状態

などアルコール濃度に関係なく判断されます。

お酒に弱い人で、呼気中アルコール濃度0.15mg未満でも

泥酔状態になってしまう人でも捕まってしまいます。

酒酔い運転の違反点数、罰則

違反点数は、35点

罰則は、5年以下の懲役、又は100万円以下の罰金

客観的に見て、明らかな泥酔状態になるまで飲酒し

その状態で自動車を運転しているのはとても危険です。

もちろん一発で免許取消+3年間の欠格期間です。

また、刑事罰もとても厳しいものとなっていますね。

5年の懲役ともなると執行猶予が付かないでしょうし

略式で罰金になっても最大100万円も支払わなければいけません。

飲酒運転は同乗者にも責任がある!同乗者の罰則は?

当たり前ですが、運転手が飲酒したことを知っていたにも関わらず

運転を止めさせるなどの対処をせずに

何食わぬ顔で同乗している人にも責任があります。

罰則は、

・運転手が「酒気帯び運転」の場合…

2年以下の懲役又は30万円以下の罰金

・運転手が「酒酔い運転」の場合…

3年以下の懲役又は50万円以下の罰金

自分が同乗するしないに関わらず

お酒の席で車を運転して帰ろうとしている人がいたら

絶対に止めてください!

というより、そんな人とは関わらないのが賢明です。

飲酒後、何時間で車を運転しても飲酒運転にならないのか|アルコールの分解にかかる時間

まとめ

酒気帯び運転、酒酔い運転の違いについて

理解していただけたでしょうか?

そもそも知ってたわ!という方は素晴らしいです。

再確認という意味でこの記事を見ていただいたのでしょう。

とても好感が持てます。

飲酒運転はとても重い犯罪です。

「ちょっとそこまで」くらいなら歩いていきましょう。

自分や誰かの命を奪ってしまうような凶器になり得るものを

操縦しているという自覚を持って

安心・安全なカーライフを楽しみましょう。

最後までご覧頂きまして誠にありがとうございました<(_ _*)>

スポンサーリンク
広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告




Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.