駆動方式の種類|FF・FR・MR・RR・4WD・AWDって何?|メリット&デメリット比較

Pocket

自動車を購入する際に、気にする部分の一つとして

その車の駆動方式がありますよね。

いろいろあるけどわからない!って方や

どの駆動方式を選べばいいかわからない!って方に

わかりやすく駆動方式による違いや

メリット&デメリットについてご紹介させていただきます。

スポンサーリンク
広告




自動車の駆動方式の種類

まずは駆動方式の種類をひとつずつ見ていきましょう

駆動方式のアルファベットは

1文字目がエンジン位置、2文字目が駆動輪です。

駆動方式 エンジン位置

駆動輪

FF フロント フロント
FR フロント リア
RR リア リア
MR 前後の車輪の間 リア
4WD・AWD 不定 四輪

読み方は、それぞれフルでこのように読みます。

FF・・・フロントエンジンフロントドライブ

FR・・・フロントエンジンリアドライブ

RR・・・リアエンジンリアドライブ

MR・・・ミッドシップエンジンリアドライブ

4WD・・・フォーホイールドライブ

AWD・・・オールホイールドライブ

では、それぞれの簡単な特徴と

メリット・デメリットを見ていきましょう!

駆動方式によるメリット&デメリット

FFのメリット&デメリット

最近の車はFFが主流となっていますね。

コンパクトカーやミニバンなど、

ほとんどの車種でFFが採用されています。

特性上スポーツカーなどには採用されません。

【メリット】

フロントから引っ張るように走行するので

直進時の安定性が高いというメリットがあります。

また、フロント駆動なので

リアに動力を伝えるプロペラシャフトがなく

室内空間が広く取れるのもメリットの一つです。

【デメリット】

最初に上げたとおりですが

スポーツカーなどに採用されない理由として

加速するとリアに荷重がかかるため

フロント駆動では動力を路面に伝えづらいことです。

また、カーブを曲がるときにアンダーステアが起こりやすいため

カーブを曲がりきれずに起こる事故は、FF車が多いです。

FF車以外でもスピードを出してカーブを曲がるのは危険ですが

特に気をつけなければ危険性は高い駆動方式です。

FFについて、さらに詳しく知りたい方はこちら↓

FFの構造と特徴|メリット&デメリット

FRのメリット&デメリット

FF車が主流になるまでは定番だった駆動方式です。

ちなみに私の愛車ER34もFR車です。

現在では主にスポーツカーや大型のセダンなどで採用されています。

【メリット】

前輪で操縦して、後輪で駆動なので

軽快なハンドリングが特徴です。

また、後輪駆動なので加速時にさらにグリップが良くなり

効率的な加速ができることもメリットです。

【デメリット】

エンジンの動力を後輪に伝えるために

プロペラシャフトが室内空間を圧迫して、狭くなります。

また、エンジンがフロントにあるため

停車時の荷重は前輪にかかっています。

つまり、凍結した道路などのスリップしやすい道路では

駆動輪である後輪が空転しやすくなります。

FRについて、さらに詳しく知りたい方はこちら↓

FRの構造と特徴|メリット&デメリット

RRのメリット&デメリット

1960~1970年代の小型車に多く採用されていた駆動方式です。

最近では非常に珍しい方式になってしまいました。

リアにエンジンがあるため

ボンネットを開けるとトランクルームがあります。

【メリット】

リアにエンジンがあることで、荷重がリアにかかるので

駆動輪である後輪が地面に動力を伝えやすく

加速力は非常に高いです。

また、前輪に荷重があまりかからないので

ハンドリングが非常に軽快です。

また、ブレーキをかけたときに

前後の荷重のバランスが良くなるように設計されており

ブレーキ性能が非常に優秀です。

【デメリット】

ハンドリングが軽快であるとメリットに挙げましたが

直進時の安定性が低いというデメリットにも直結します。

また、FF車と違ってオーバーステアの傾向が強く

カーブの際、最悪の場合スピンしてしまうことがあります。

RRについて、さらに詳しく知りたい方はこちら↓

RRの構造と特徴|メリット&デメリット

MRのメリット&デメリット

MRは前後の車輪の間にエンジンが置かれます。

基本的には後輪側にエンジンが置かれますが

前輪側に置かれる場合「フロントミッドシップ」と呼ばれます。

【メリット】

エンジンが前後の車輪の間にあるため

前後のバランスが50:50に近くなり

力学的にコーナリングや走行性能が非常に優秀です。

【デメリット】

エンジンの位置の都合で

室内空間はかなり狭くなってしまい

基本的に2人乗りのクーペになります。

実用性のある車とは言い難いですね。

コーナリング性能はとても優秀ですが

重心が真ん中に近いため、限界を超えた途端に

突然スピンしてしまうということもあります。

MRについて、さらに詳しく知りたい方はこちら↓

MRの構造と特徴|メリット&デメリット

4WD(AWD)のメリット&デメリット

今も昔も多くの車種で採用されており

悪路走行やスポーツ走行など、

様々な目的の車種に採用されている駆動方式です。

【メリット】

なんといっても悪路の走破性が高いことでしょう。

アウトドアに適した車に多く見られるのはこのためですね。

また、四輪全てに動力が分配されるため

エンジンからタイヤ、路面へと効率良く力が伝わります。

これによって雪道などの悪路に強く

加速力などの面でも非常に優秀な駆動方式となります。

【デメリット】

4WDは、前後どちらかを動かすだけではないため

センターデフという機構が必要になり

これが非常に車重を重くしてしまいます。

もちろん四輪を動かすために

大きく動力を必要としますので

燃費は他のものより悪くなります。

そして、4WDの機構はコストが高く

どうしても車両の価格は高くなってしまいます。

4WDについて、さらに詳しく知りたい方はこちら↓

4WDの構造と特徴|メリット&デメリット

駆動方式による走行性能・室内空間比較

以上の情報を表にまとめるとこのようになります。

駆動

方式

走行性能 室内空間
FF

前輪駆動のため加速は他に劣る

駆動輪と同じためハンドリングも劣る

主要機構がフロントに集まるため

室内空間は広く取れる

FR

FFより加速力に優れるが

タイヤの空転が起きやすい

駆動輪と別のためハンドリングは良い

セダンやスポーツタイプでは

プロペラシャフトが室内空間を圧迫する

RR

スタート時の加速力は最も優れる

ハンドリングはしやすいが

直進安定性に欠ける面もある

主要機構がリアに集まるため

室内空間は広く取れる

MR

FRより優れている

エンジンが前後の車輪の間にあるため

室内空間が最も犠牲となる

4WD

(AWD)

FR・MRより優れている

セダンやスポーツタイプでは

プロペラシャフトが室内空間を圧迫する

走行性能と室内空間を両取りすることはできないので

自分にとっての妥協点を探す必要がありますね。

ただ、日本の公道をルールを守って走る分には

駆動方式による走行性能のデメリットは

そこまで感じることはないかと思います。

まとめ

今購入しようと思っている車が

自分の目的に合っているか、わかりましたか?

これから何年も付き合っていく存在ですから

後悔しない愛車選びをしましょう!

それでは楽しいカーライフを!

最後までご覧頂きまして誠にありがとうございます<(_ _*)>

スポンサーリンク
広告




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
広告




Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.